さて、最後に。
ここまでウェブビジネスについて話してきたが、そもそもあなたは日常的にウェブを利用しているだろうか。
携帯からのインターネットアクセスはどのような頻度であろうか。

もし、万が一あなたが仕事以外でウェブを利用するのは、月に数回、または携帯でウェブを利用するのは、
公共機関の乗り換えを調べる時ぐらいである・・・というのであれば、
はっきり言ってあなたはウェブビジネスを使って起業するのは辞めた方がよい。

ウェブを日常的に利用しない人には、ユーザーの心理も、ウェブの利便性や問題点も理解できないからである。
ウェブは現在かなりの人が利用している。
利用しない人の方が少数派とも言えるぐらいである。
その中にあって、ユーザーのネット利用の技術や検索の業はかなり進化している。
そのユーザーの先をみてビジネスは展開しなければならないのである。

ウェブのビジネスはこうした利便性や問題点を自分で見つけるところにビジネスチャンスがあるといえる。
また、自分で使うからこそ見えてくるものがあるビジネスなのである。

その中において、あなた自身がウェブユーザーでないとしたら、それはかなりのハンデだと言えるのだ。
しかしそれでもウェブビジネスを起業したいと堅い決意があるならば、
すみやかにその道のプロをプロジェクトに組み入れるべきである。

ターゲットの気持ちになって考えるということがビジネスを構築するときの第一段階である。
それができないということはなかなか致命的である。
そのことに気づくべきだ。

 

 

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備

不況を生き抜く起業独立(会社設立)の方法

c by こんな時代だからこそ会社設立(起業独立)してやる