京都で会社設立の資金準備をするには

京都府を本店所在地とする会社設立に際して必要な資金は、開業資金とその後しばらくの間の
運転資金の両方を考えなければなりません。

設立に必要な資金としては、事務所に関する不動産の取得にかかる費用や、事務所内に置く設備の購入費、
開業を広く告知するための広告宣伝費、定款認証や会社設立登記申請などの行政手続きにかかる費用、
新たな収入を確保するまでに必要な生活費などが考えられ、設立後に必要な資金としては、
事務所の維持費や従業員の人件費、消耗品等の購入費、営業活動をする際の通信費および
交通費などが考えられます。

資金準備は、これらの費用が少なくともいくらかかりそうかを正確に見積もった上で
準備に入る必要があるでしょう。

また、資金準備に入る際には、自己資金(資本金)とその他からの調達資金を
それぞれどれくらい確保するかについても考えておく必要があります。

会社設立においては自己資金がたくさん集められるほど、京都府内の金融機関に
融資を申し込むときなど、様々な面で有利ですが、たくさん確保することに重きを置きすぎて
日常生活を維持していけなくならないように、よく考えて拠出する金額を決めるべきでしょう。

 

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備

BACK